県内ニュース

ニュース投稿

2017年03月23日(木) 19:10

四国中央市の死体遺棄事件は不起訴

自宅に母親の遺体を放置したとして、死体遺棄の疑いで逮捕されていた四国中央市の無職の男性について、松山地検は23日、不起訴処分としました。不起訴処分となったのは、四国中央市金生町下分の無職の60歳の男性です。警察などによりますと、男性は去年11月ごろから今月2日までの間、同居していた当時83歳の母親の遺体を自宅に放置した疑いで逮捕され、その後、警察などが精神鑑定を含め慎重に捜査を行っていました。松山地検は、証拠関係に照らした結果、起訴はできないとして、23日付けでこの男性を不起訴処分としました。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅ2
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です