県内ニュース

ニュース投稿

2017年11月24日(金) 19:02

松山市議会議長が謝罪

松山市の12月定例市議会が24日開会し、今年8月、市議が右翼を名乗る男性を連れ議長室を訪れたことについて、栗原久子議長が「市民にご心配とご迷惑をおかけした」と謝罪しました。松山市議会の栗原議長は、本会議の冒頭で「政治倫理上問題となる事案が発生し市議会を代表して心からお詫び申し上げます」などと述べ、謝罪しました。この問題は、松山市議で自民党議員団に所属していた土井田学議員が、今年8月に右翼を名乗る男性とともに議長室を訪れ、自民党松山支連から除名処分となったものです。栗原議長は、謝罪したうえで、「市民に信頼される議会の実現のため全力で取り組んでいきたい」などとして、全議員に対し政治倫理基準を遵守するよう訴えました。なお、12月定例市議会には、保育士の待遇改善のための費用や松山ーソウル線利用拡大の支援費用など、一般会計総額およそ32億1840万円となる補正予算案などあわせて14議案が提案されました。松山市の12月定例市議会は、来月14日まで行われ、今月30日から質問戦に入ります。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • 山本耕史の瀬戸の島旅
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です